本文へスキップ

有限会社南日本設備サービスは宮崎県延岡市に本社がある給排水衛生設備工事と井戸工事を専門とする施工会社です。

TEL. 0982-35-5566

>>>延岡本社 〒882-0882
宮崎県延岡市小野町4138番地6

HOME > 給排水衛生設備基本 > 住宅用火災警報器のことを知ってください << サイトマップ

住宅用火災警報器のことを知ってくださいFIRE ALARM FOR HOUSES

このページでは、一般のお客様を対象とした住宅用火災警報器についての解説のページとして作りました。
例えば、水道のこと等でこのホームページに訪れた方が、住宅用火災警報器についても知っていただくこともねらいとしています。

住宅用火災警報器について

法律が改正されるには、その背景が有ります。火災の現状を知ることなども又、住宅用火災警報器設置義務化についての理解を早めることに繋がります。
(住宅用火災警報器は、ホームセンターや電気店等でも販売しています。通信販売やインターネット販売でもたくさん出ています。価格は数千円です。)
 火災を他人事とは思わずに、身近な生活の場である住宅での火災による被害が大きいことを知り、ぜひそれぞれの住宅に住宅用火災警報器を設置する意義を理解して、平成23年5月31日迄には必ず設置が完了済みとなるようにしましょう!

単独型か連動型か・・・

 一つ一つが独立して警報を鳴らす単独型と、設置している警報器が作動した場合にたの警報器も連動して警報を鳴らす連動型が有ります。 2階建てや、家族に自力で避難することが出来ない方がいらっしゃる場合、寝室がいくつも有る場合などは、連動型をお奨めします。例えば、1階で火災が発生したら、連動型ならば、2階の警報器も連動して火災を知らせてくれるので、早めに火災を知ることができ、安全に避難することができます。値段は単独型よりももちろん高いです。ネットで調べても、店によって値段のバラツキ(倍以上の開き有り)が有り過ぎるので、信頼できるところで、納得できる値段で購入したいものです。
 また 設置については、資格も何も要らず、設置場所に適したところをチェックして、天井などに固定すれば素人でも簡単に取り付けられます。購入時に販売店に相談すれば、お店で取付もしてくれる場合があります。

消防法9条の2により住宅に設置する火災警報器の設置が義務付けられました。

宮崎県内は一律に、平成23年6月1日が既存住宅への適用日です。新築住宅への適用は、平成18年6月1日ですので 既に取付が始まっています。

住宅用火災警報器の取付や点検に特別な資格等は必要ありません。各個人で購入して、個人で設置することができます。罰則規定もありません。強引な訪問販売などによる詐欺に注意してください。どうして一般家庭にまで、火災警報器の設置を義務づけたのでしょうか?
その答えは、平成21年版消防白書に有りました。

 平成21年版消防白書によりますと、平成20年に一番火災が起こっている場所は建物であり、出火件数52,394件中30,053件という、約57.4%を占めています。

平成20年中の建物火災による死者数は1,499人です。

建物火災による死者のうち、住宅(一般住宅、共同住宅及び併用住宅)火災では1,325人であり88.4%を占めています 。つまり、建物火災の中でも住宅火災が圧倒的に多いのです。

火災被害
(※下記は、住宅火災における死者についてです。)
このうち、65歳以上の高齢者は710人で、全体の63.2%です。
時間帯は、22時〜翌朝6時迄の一般の人の就寝時間に相当する時間帯で41.9%を占めています。

死に至った経過の発生状況は、さまざまな理由による逃げ遅れによるものが667人で、全体の59.4%です。

火災被害

死に至った出火原因の1位はたばこ206人,2位ストーブ154人,3位コンロ66人,4位電気器具51人の順番になっています。

火災被害
住宅用火災警報器は、電子音や音声等で火事を知らせます。早く火災に気づき、火災の状態によれば消火器などで初期消火を行ったり、避難や通報を行い、被害を最小限にくい止めるということでは、大変有効な設備です。
火災発見のための警報設備であり 消火設備では無いため、消火作用は有りませんので、設置しているからといって決して油断しないようにしましょう。
住宅用火災警報器の設置義務は、一般住宅だけでなく店舗兼用住宅や寄宿舎、下宿、共同住宅等も対象となります。(スプリンクラーや自動火災報知器などが設置されている場合は免除となります。)

住宅用火災警報器を設置する住宅の部分とは

寝室に設置する。

寝室がある階の階段に設置する。
設置例
3階建て住宅の場合で、寝室が3階にある時は(2階分下の階)1階の階段に設置する。(2階の階段に設置されている場合を除く)        設置例

3階建て住宅の場合で、1階のみに寝室があり、居室が3階に有るときは3階の階段に設置する。
設置例 
7平方メートル(4畳半)以上の寝室以外の居室が5部屋以上ある階には廊下か階段に設置する。
設置例

寝室には 住宅用火災警報器を必ず設置し、避難階(通常:1階、安全な屋外などにすぐ避難の出来る階のこと。)以外に寝室や居室があるときは階段は避難経路となるので、別の階で火災が発生した場合いち早く知らせ、避難等が出来るために、階段にも設置するということです。
※4階建て以上の場合や高低差のある敷地に建つ住宅などで、避難階が1階ではない場合や、地下に寝室等のある住宅などでも、基本的な考え方は同じになります。

設置する位置とは

  1. 壁又ははりから0.6メートル以上離れた天井の屋内に面する部分
  2. 天井から下方0.15メートル以上0.5メートル以内の位置にある壁の屋内に面する部分
  3. エアコンや換気扇などの空気吹き出し口から、1.5メートル以上離れた位置に設ける

住宅用火災警報器は煙感知式で、必ず国の基準の試験に合格(適合)している消防法令適合品(日本消防検定協会鑑定合格品:NSマーク付)ものを設置してください。電気店やホームセンター等で購入することも出来ます。
既存の住宅には電源の工事の不要な電池式もあり、電池式では、もちろん電池の交換が必要ですが、住宅用火災警報器自体に電池取替の時期を知らせる機能を有しているものも有ります。(※知らせる機能についても、国の基準で備えなければならなくなっています。又は、見えるところに有効期限を表示しなければならなくなっています。)
警報器がもしもの時に作動するのかどうか、確認しておくことも重要です。消防機関やメーカーでは1月に1回の点検を奨めています。さまざまなメーカーや、メーカーにも数種類の機種が有る場合がありますので、金額と機能など比較した上で購入することになると思います。
 又、電池の寿命はおおむね10年(5年等の場合も有り)であり、メーカーでは10年での住宅用火災警報器本体取替を推奨しています。住宅の殺虫剤などの燻煙にも反応するので、使用の際は注意が必要です。警報の止め方や点検の方法などはあらかじめ理解しておきましょう。

地域の町内会や婦人会等で一括購入等される場合も有るので、既にお話が来ていたり、もう既に住宅用火災警報器を設置済みかも知れません。
一般住宅は査察や検査の対象にはなっていません。また、罰則は今のところ有りません。
そうは言っても、法律で定められているのですから命を守るために必ず設置しましょう。

ちなみに住宅用火災警報器の台所への設置の義務化は今のところ宮崎県では無いようです。
火災から身を守るためには台所への設置が有効なのは言うまでもありません。

●住宅用火災警報器設置の状況(平成24年6月1日時点)が消防庁より発表されていましたのでお知らせ致します。(消防庁予防課の資料による)

項目 設置率 前回比 悪質な訪問販売や押し売りには
くれぐれもご注意ください。 
全国 77.5% +6.4ポイント
九州 78.6%  +8.4ポイント
宮崎県 70% −−−
延岡市 62.9% −−−

宮崎県全体、延岡市共に全国平均や今後義務化と比べても低い設置率です。延岡市以外の市町村の普及率もまだまだ低いです。(ここでの記入は省略致します。)
設置されていない方々が わざわざ、個人の住宅にまで設置義務を課している法律の立法趣旨を理解し、結局は自分や家族の命を守るためであるこのシンプルな設置の意味知り、一日も早く設置を完了されることで、悲惨な火事が少しでも無くなる、若しくは被害が減ることを願っています。

有限会社南日本設備サービスが所属する株式会社南日本環境センターの消防設備に関する業務について

有限会社南日本設備サービスは消防施設工事業の建設業許可を取得しております。
また、所属する株式会社南日本環境センターの第3事業部に於いて、消防設備の整備、点検を行っています。
宮崎県消防保守協会の点検済証表示登録会員です。
一般の方でも馴染みの深い 消火器等も取り扱っております。
住宅用火災警報器設置に関するご相談等も受け付けておりますのでどうぞお気軽にご相談ください。
株式会社南日本環境センターの電話番号(※通話料無料のフリーダイヤル):0120-373-273

ちなみに、許可や資格者などからいうと、南日本環境グループ内のすみ分けとしては
消防設備の点検整備→株式会社南日本環境センター 第3事業部
消防設備のうちの消火設備工事施工→有限会社南日本設備サービス(株式会社南日本環境センター第4事業部)
となります。

バナースペース